越中井

細川越中守忠興と細川ガラシャの屋敷台所の井戸とされる。関ヶ原の戦いで夫である忠興が徳川方についた事から石田三成は、忠興の戦意を失わせるためガラシャを人質として大坂城内へ入城させようとしたが、ガラシャはこれを拒みこの屋敷にて自害した。現在では「越中井」として地域住民により保存されている。