玉造同心屋敷跡

元和年間に定番(城番)の制が定まり、大坂城の京橋口定番と玉造口定番にはそれぞれ与力・同心がおかれ城の警備に当った。一度はこの定番制が廃止されたが慶安元年(1648)に復活し、この地は玉造口与力・同心の邸宅地として公収された。この地(伏見伊勢町ほか七町)に住んでいた人々は現在の大阪市西区堀江に代替地を与えられ、新玉造八町を造成した。