森ノ宮遺跡

約5000年前まで遡り、「大阪人1号」と呼ばれる大阪最古の人骨が出土した。また、貝塚の深い層からはマガキの貝殻や海産魚、浅い層からはセタシジミの貝殻や淡水魚の化石が発掘された。これは JR環状線以東の河内の海が次第に淡水化し、陸地へと変遷していく過程を示している。上町台地の北東端にあたるこの遺跡は早くから人々が住み、玉作岡での狩猟や自然採集、水辺での漁撈生活の様子を窺える貴重な遺跡である。