日の出通り商店街

明治28年(1895)に玉造に大阪鉄道城東線(現在のJR環状線)玉造駅が開業し、同45年(1912)には市電・玉造線も開業した。当時、玉造は砲兵工廠や被服廠から近くそこで働く工員達の居留地化が進み、明治~ 大正にかけて早くから近代化が促進された。駅前に玉造商店街や日の出通り商店街も形成され、秋田實やエンタツ・アチャコと縁のある寄席・三光館の他、玉造座、朝日座、ヤマト館など盛り場としてたいへん賑わい、今日に至っている。