茶室 「豊玉庵」

玉造稲荷神社界隈は豊臣時代には、大坂城内にあたり、豊臣家、千利休ゆかりの地であります。

創祀二千年を奉祝し、平成元年春に建てられました参集殿2階には、千利休居士十五世、千宗室お家元、命名の茶室「豊玉庵」がその由緒深いたたずまいを見せています。

また徳川時代の大坂城代、松平輝和侯の屋敷庭園も再現されております。

豊臣、徳川と大坂城の守護神として篤い崇敬を受けた当神社は、その連がりが深く、今日に至っても豊臣家ゆかりの「だんご茶会」が秋に催されております。一方神社南側(玉造公園付近)には利休屋敷跡と利休井があったと伝えられるほか、門人の細川越中守忠興侯(三斎流)の「越中井」が現存しており、また、もう一人の門人であった古田織部正邸(織部流)の「山吹井」も存在したと「攝津名所図会大成」等に記されております。